浄土宗 
画像1
画像2
画像3
画像3
初期画像
 浄土宗・時宗用の本式数珠は二つの数珠を交差させたような独特の形状を持っています。二つの輪にはそれぞれに親珠があり、その片方の輪にのみ福珠と呼ばれる小粒の珠が主珠と交互に入ります。