融通念仏宗用   


旧来からの大阪型三段造りに、台には五杯引き出し、障子の腰板には宗紋のいちょうの紋を蒔絵にて描いております。
彫刻の欄間には亀鉦縁起、余間の彫刻には八幡大士、毘沙門天像を祀り、踊躍念仏等々を施しました。
融通念仏専用の仏壇です。

 


  浄土真宗本願寺派用   
 

本願寺の御本尊の様式を取り入れてお作りしています。
彫刻は親鸞上人御一代記より取り入れております。
表金具は宗紋の五七の桐を施しました。


  真宗大谷派用   
 

具足類には大谷派専用の鶴亀の彫刻を施した仏具がつきます。
表金具には八藤紋を施しました。

 


  各宗派用   
 

 浄土宗、日蓮宗、天台宗、禅宗、等々、どの宗派にもお使いいただけます。